結石

尿路結石
タイトル装飾

尿の通り道である腎臓・尿管・膀胱・尿道の間にできる結石を尿路結石と言います。結石が尿管などに詰まると、背中や脇腹から下腹部にかけて激しい痛みが生じたり、血尿が出たりします。

特に上部尿路結石(腎結石、尿管結石)が多く、世界的にも増加傾向にありますが、主な原因として食生活の変化(動物性タンパク質、塩分、糖分の摂取量の増加)が指摘されています。日本では男性は40歳代、女性は50歳代の発症が多いですが、子供でも発症することがあります。

小さな結石では、水分摂取と結石排出を促進する薬の内服などで自然に排石されることも多いですが、大きな結石では、内視鏡手術や体外衝撃波結石破砕術などが必要になることもあります。
尿路結石は痛みだけでなく、腎機能障害や感染症なども問題になりますので、きちんと治療し再発予防に努めることが大事です。

尿路結石イメージ写真